会話時と歌うときの唾液の飛散量の比較!

イギリスのブリストル大学は、歌手が歌う際の唾液の

飛散量を測定し、会話時の飛散量との比較を行いました。

 

その結果、同等の声量であれば飛沫に差がなかったと

発表されました。

 

研究チームは、イベント活動の制限よりも換気の重要性を

指摘しています。

 

 

カラオケともなればマイクにウイルスが付着するなどの

リスクを考慮しなければなりません。

 

今後は必ずしもイベント活動を制限するのではなく

リスク回避をした上での開催との線引きについて

どこに設定していくかを追求していく必要がありそうです。

タイトルとURLをコピーしました