呼吸器への苦手意識を克服!PEEPを分かりやすくイメージしよう!

こんにちは、臨床部事務局です。

 

呼吸器疾患を患った患者さんや、頚髄損傷の患者さんと関りを持つと

人工呼吸器を使用している方も中にはいらっしゃいます。

 

その人工呼吸器でPEEP設定を行いますが

そもそもPEEPって何だっけ?

ということで、PEEPについて見ていきましょう。

 

今分からないことが問題ではなく

このタイミングで理解出来て良かった!というポジティブな気持ちで

学びを楽しんでくださいね。

 

 

PEEPは「風船を膨らましやすくするもの!」

とイメージしておいてください。

 

 

良く、PEEPをかける目的は

・肺胞の虚脱を防ぐ

・酸素化の改善

 

と小難しく書かれていますね。これではイメージしにくく

覚えるのも嫌になります。

 

 

ここでは、PEEPは

・風船を膨らませやすくするもの

と、覚えておいてください。

 

 

ここで実際に風船をイメージしてみましょう。

まだ膨らましていない赤い風船があります。

 

 

この赤い風船を膨らましてみます。

 

しっかりと膨らみますね。

 

では子どもに膨らませてもらいましょう。

なかなか空気が風船に入らず

膨らまないようですね。

 

 

 

ではここで、大人に少しだけ空気を入れてもらったものを

子どもに渡してみましょう。

 

 

この少しだけ空気を入れてもらった風船を

子どもに吹いてもらいます。

先に少しだけ空気を入れておいた風船であれば

しっかりと膨らみましたね。

 

 

つまり風船を膨らます上で最もきついのは

膨らませ始めるタイミングなんですね。

 

肺活量の低い子どもでも、最初に少しだけ空気を入れておけば

簡単に膨らますことができるというわけです。

 

 

実はこの風船を膨らませるというのは、肺でも同じことが言えるんです。

 

 

風船のイメージを肺胞で!

▼▼▼

こちらから

タイトルとURLをコピーしました