情報が命!「走りながら考える!」改定を繰り返す介護保険制度!

2000年の介護保険制度導入から

介護における費用の補助を受けられるようになりました。

 

 

この介護保険制度は「走りながら考える」と言われ

3年毎の制度改正が行われています。

 

 

介護が必要になった場合、介護認定を受けることになり

要支援1・2、要介護1~5の7段階のいずれかに分類されます。

 

認定されたレベルに応じて、適応金額が異なり

その中で福祉用具や介護サービスなど、利用を検討していきます。

 

なお、高額の介護サービスとなると、利用金額が還付される場合もあります。

 

また、施設入所の場合には

介護老人保健施設などでは保険適応となったり

有料老人ホームでは負担額が大きくなるなど

年金額、貯蓄などにも左右されます。

 

 

先ほども述べた通り、この制度は「走りながら考える」

と言われていることからも、改訂を続けているため

常に新たな情報を収集することが大切になってきます。

 

 

医療機関や施設にはソーシャルワーカーやケアマネージャーなど

介護の分野にも詳しいプロフェッショナルが所属しています。

 

インターネットや、普段ご利用の医療機関や施設での相談など

新たな情報に触れる習慣も、今後さらに必要性が高まってくると言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました