【九州大学 × KAICO株式会社】新型コロナウイルスのワクチンへ前進!

各研究機関で新型コロナウイルス(COVID-19)に関する研究が日々進められています。

そんな中、九州大学とKAICO株式会社の共同研究により

ワクチン開発へ前進する研究結果が発表されました。

 

その内容は、ウイルスの遺伝子情報をカイコの体内に取り込むと

体内にS状タンパク質が生成されたというものです。

 

 

通常、新型コロナウイルスはウイルス表面にあるS状タンパク質が

細胞表面のACE2受容体にくっつくことで体内に入り込みます。

 

つまり、カイコの体内で生成されたS状タンパク質を

ワクチンとして接種することで抗体ができるというわけですね。

 

 

臨床で使われる段階まで実現すれば

新型コロナウイルスが蔓延する前の日常に大きく前進しそうですね。

 

タイトルとURLをコピーしました