箱マスクの裏表は一瞬で判断できる!

新型コロナウイルスが蔓延し、生活の中でマスクを使用することが増えていますね。

まとめて購入しようと思って箱マスクを購入する機会もあるかもしれません。

 

そんな箱マスクの、簡単な裏表の見分け方についてお伝えします。

 

 

マスクは細菌やウイルスを「移さない・移らない」ということを目的にしていますよね。

 

つまり、衛生的に問題のない構造でなければいけません。

 

 

 

こちらの箱マスクを見てみましょう。

 

箱を開けてマスクを取り出すときに触れる部分は、当然上の面になります。

 

いくら手を洗った後とはいえ、裏面(口に接触する内側)には口以外が触れないようにする必要があります。

 

つまり、箱を開けた時点で上の触れる部分は表面(口に触れない面)が見えるようになっています。

 

従って、箱を開けたらそのまま上の面を摘まんでマスクを取り出しましょう。

 

こんな感じですね。

口に触れる裏面は触れていない状態です。

 

 

そのまま口元に運びましょう。

 

 

最後に耳にゴムを掛けて鼻のワイヤーを押さえましょう。

 

この一連の流れで裏面(口に触れる内側)は、顔以外に触れていませんね。

 

こうして口に触れる面を触れることなく装着できる構造になっているのです。

 

このように衛生面から考えると、箱から取り出す際に触れる面が表面(外側)ということが分かりますね。

タイトルとURLをコピーしました