95%信頼区間の意味!

信頼区間は95%、99%を伝統的に使用すると

前回お話しました。

 

では、95%信頼区間とはどういう意味でしょう。

 

信頼区間の95%というのは

母平均から標本平均を左右にずらし、その範囲(面積)が

全体の95%になるということです。

 

標本平均を左右にずらした範囲を95%としたとき

95%の確率で母平均が含まれるということです。

 

つまり5%の確率(20回に1回)で外れるということです。

外れる確率をさらに低くしたい場合には、99%信頼区間を使い

100回に1回しか外れないという確率まで高めることになります。

 

 

信頼区間の計算式


信頼区間 = 標準平均 ± t × 標準誤差

 

tは、信頼区間で決められた分布の面積が95%になる数値です。

具体的な数値は、t分布表から選択することになります。

 

t分布表に関しては、次の回で確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました