看護師一年目は知識不足でしんどいと感じる?要点を絞って覚えよう!【輸液の種類から考えるリスク管理】

こんにちは、【急性バレンタイン】を運営するBridgeです。

 

 

 

 

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

今とは違う環境を求めているあなた!

まずは登録してね♫

↓ ↓ ↓ ↓  ↓
生の情報満載 看護師転職サイト『ナースJJ』

さて、前回は輸液の種類による分布の違いを見ていきました。

 

低張液、等張液、高張液それぞれの特徴が分かりましたね!

 

 

それを踏まえて、今日はそれぞれの輸液を使っている際に

 

脱水という観点からリスク管理を考えていきましょう。

 

 

 

 

 

輸液を行っているということは、程度はどうであれ

 

その患者さんは脱水状態にあると考えられますね。

 

 

 

 

脱水時に気を付けたいのが「失神」です!!

 

 

失神で最も多い原因が脱水なんですね!

 

 

 

 

 

しかし、呼吸器・循環器・筋骨格系のどれを考えても

 

離床した方が良いわけです。

 

 

 

 

 

 

そこで輸液の種類をみていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


低張液


 

 

 

 

 

例えば、ソリタT1®やソリタT3®など、浸透圧の低い低張液を使用しているとしたら

 

元の体液分布と同じように細胞内液にも間質液にも血漿にも入るので

 

そこまで重度の脱水が起きているとは考えにくいわけです。

 

 

 

 

つまり脱水による失神のリスクも低いため、離床可能ということです。

 

患者さんがトイレに行きたい!など言われた場合には、どうぞ^^

 

と声をかけてあげましょう。

 

 

もちろんこれは輸液の観点で考えた場合ですので

 

他の離床阻害因子も確認しなければなりませんが

 

 

 

 

その他身体に問題がなければ、低張液の使用では離床を許可できるということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今とは違う環境を求めているあなた!

まずは登録してね♫

↓ ↓ ↓ ↓  ↓
生の情報満載 看護師転職サイト『ナースJJ』

 

 

 

 

 

 

 

 


等張液


 

 

 

 

 

 

では、等張液の場合はどうでしょう?

 

 

ラクテック®やヴィーン®などの等張液では

 

低張液と違い、細胞内液には入らず間質液と血漿だけで分け合うので

 

脱水は起こっていそうですね!

 

 

 

 

しかし離床はダメ!!と言い切る必要もないのです。

 

低張液のときよりはもちろんリスクはありますが

 

バイタルに問題がなければ離床を許可してあげましょう。

 

 

 

ちなみに血圧を測ることもあると思いますが

 

血圧測定は記録するために数値化しているものですので

 

橈骨動脈の拍動を蝕知して血圧を診れるようになっておいてくださいね!

 

 

 

臥位で測定したときは拍動が強かったのに

 

立位を取ったら急に拍動が弱まった!という場合には血圧が低下していますので

 

いったん座位を取ったり臥位を取ったりする必要がありますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


高張液


 

 

 

 

 

 

最後に、アルブミナー®やサリンヘス®などの高張液です。

 

高張液は重度の脱水のときに使用して血管内に思いっきり補液するものですね。

 

 

 

 

重度の脱水状態なので、離床することで失神のリスクが高いですね。

 

 

 

従って高張液を使用している際には離床は控えるようにしてくださいね。

 

 

 

ただし、1点確認が必要なのが

 

水が抜ける脱水なのか、Naのみが抜ける脱水なのか

 

ということです!

 

 

 

 

Naのみが抜ける脱水であれば

 

水分は保たれているけど電解質が足りてないよ!という状態ですので

 

失神のリスクは低いといえます。

 

 

 

しかし水分が抜ける脱水で高張液を使用している場合には

 

離床は控え、ベッド上で安静の指示を出してくださいね^^

 

 

 

 

 

 

 

こうして輸液1つとっても、使用している輸液の種類によって

 

患者さんの活動に差が出てくることをしっていると

 

看護計画を立てる上でもリスク管理をした計画が立てられ

 

先輩看護師もビックリしちゃうかもしれませんね!!

 

 

 

 

 

 

せっかく苦労して看護師になったし、もっと自分の能力が活かせる職場に移りたいと考えいているあなた!

こちらの記事も一緒にご覧くださいね♫

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

看護師のための、純白な転職・暗黒の転職!踏み外さない選び方!
こんにちは、【急性バレンタイン】を運営するBridgeです。 あなたは看護学生時代、実習に国家試験の勉強とすごく頑張ってきましたよね? 夢を持って医療の世界に飛び込んで来た...

 

 

 

 

 

 

 

 

不規則な生活サイクルで出会はないが、結婚して幸せになりたいと感じているあなた!

こちらの記事もご覧くださいね^^

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【プロポーズ クリニック】医師と看護師に恋愛のきっかけはある?
こんにちは、【急性バレンタイン】を運営するBridgeです。 今日は看護師の視点から、恋愛について考えていきたいと思います。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました