看護師が一年目で勉強していたら先輩もビックリ!?【輸液の考え方!】

こんにちは、【急性バレンタイン】を運営しているBridgeです。

 

 

 

 

 

 

 

転職して看護技術を活かしたいあなた!

まずはこちらの登録をどうぞ♬

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの”理想の職場”が見つかる!【ジョブデポ看護師】

 

 

 

 

 

 

今回は輸液の基本的な考え方についてみていきましょう。

 

この考え方を知っていれば、きっとあなたの先輩も驚くことでしょう。

先輩が焦りを感じるかもしれませんね^^

 

 

 

輸液というのは浸透圧によって低張液、等張液、高張液に分類され

この輸液の種類によって体液分布が異なります。

 

等張液や高張液による輸液を行っている際には、離床に注意が必要となってくるんですね。

 

 

 

まずは体液の構成について知っておきましょう。

 

 

 

 


 

 


体液の構成


 

 

 

身体は40%が固形物、水が60%となっています。

 

そして水のうち、細胞内液が67%、細胞外液が33%

 

さらに細胞外液のうち間質液が75%、血漿が25%となっています。

 

 

ちなみに血漿というのは血管内のことですね。

 

 

 

この中で知っておきたいのは

細胞内液と間質液と血漿の割合ですね。

 

人間の水分は野菜(831)!と覚えておけばいいでしょう。

 

 

どういうことかというと

細胞内液:間質液:血漿の割合は

8:3:1になるということです。

 

 

人間の体水分のバランスはこの比率で保っているので

このバランスが崩れている患者さんに対しては、何かしらの対処が必要になるということです。

 

 

 

 

 

 

 

転職して看護技術を活かしたいあなた!

まずはこちらの登録をどうぞ♬

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あなたの”理想の職場”が見つかる!【ジョブデポ看護師】

 

 

 

 

 

 

 

 

 


起立性低血圧


 

 

 

 

 

 

体液バランスが崩れてめまいがする!ふらつきが起こる!など

起立性低血圧が生じている場合には

 

循環血液量の低下

つまり脱水が起こっているということになります。

 

 

そういった際には、輸液にて循環血液量

つまり血漿量を増やす必要があるということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


輸液の種類


 

 

 

 

 

脱水を起こすと輸液が必要ということですが

点滴もいろいろな種類がありますよね!

 

 

ここでは輸液にはどういった種類があるのかを見ていきましょう。

大きく分けて3種類覚えておきましょう。

 

 

まず低張液です。

具体的にはソリタT1®、ソリタT3®などがあります。

 

そして2つ目は等張液です。

具体的にはラクテック®、ヴィーン®などです。

 

3つ目に高張液です。

具体的にはアルブミナー®、サリンヘス®などです。

 

 

ここで浸透圧についてみていきましょう。

浸透圧とは輸液したときに、どれだけの割合が血管に入るのか? ということです。

 

 

字を見て分かるように

低張液ほど信徒圧は低く、高張液にほど浸透圧は高くなっていきます。

 

今日はざっくりと、低張液ほど血管に入らないのか~

高張液ほど血管に入る割合が高くなるのか~

というイメージだけつけておいてくださいね^^

 

 

次回はそれぞれの輸液で細胞内液、間質液、血漿にどういった割合で吸収されるのかをみていきましょう!

 

お楽しみに~♬

 

 

 

 

 

 

せっかく苦労して看護師になったし、もっと自分の能力が活かせる職場に移りたいと考えいているあなた!

こちらの記事も一緒にご覧くださいね♫

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

看護師のための、純白な転職・暗黒の転職!踏み外さない選び方!
こんにちは、【急性バレンタイン】を運営するBridgeです。 あなたは看護学生時代、実習に国家試験の勉強とすごく頑張ってきましたよね? 夢を持って医療の世界に飛び込んで来た...

 

 

 

 

 

 

 

 

不規則な生活サイクルで出会はないが、結婚して幸せになりたいと感じているあなた!

こちらの記事もご覧くださいね^^

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【プロポーズ クリニック】医師と看護師に恋愛のきっかけはある?
こんにちは、【急性バレンタイン】を運営するBridgeです。 今日は看護師の視点から、恋愛について考えていきたいと思います。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました