看護師が一年目で知っておくと先輩もビックリ!? 心電図を簡単にイメージして勉強しよう! STEP1:心電図の利点、刺激伝導系

今回は「心電図の見方をわかりやすく!状態を把握しよう!」シリーズです!

その始まりとなるSTEP1では、心電図の利点と、刺激伝導系についてお話していきます。

 

 


心電図の利点


昔からある心電図ですが、現在でも無くなることなく使われています。

それは利点があるからですね!

 

ではどういった利点があるのか?

一言で言うと利便性があるわけです。

具体的にはまず、「操作が簡単」であること!誰にでも操作ができるということですね。

 

 

2つ目は「非侵襲的」であること!

患者さんの体を切ったり穴を開けたりせずに済むということです。

3つ目は「リアルタイムな情報」が得られること!

今その瞬間の、心臓の状態を知ることができるということですね。

4つ目は「短時間」であること!検査が一瞬で終わるんですね。

そういった利便性があるわけです。

そして心電図でしか分からないこと!とは何でしょう?

心電図でしか分からないことが1つだけあります。

 

それは、、

不整脈!!

不整脈 → 心電図でしか診断できない!

逆に言うと、不整脈以外の循環器疾患は心電図だけでは診断できません。

 

 

では、心電図の検査目的とは何でしょう?

まず、不整脈の判断です。 あ!これ不整脈じゃん!!

と見つけることです。

患者さんを助ける上で、まず不整脈を見つける!ということですね。

そして、不整脈以外でなくても、心電図を診てこれは心臓の状態が良くない!!

もしくはこれは大丈夫!という判断が心電図を通して出来ること!

これが目的になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


刺激伝導系


では次に刺激伝導系についてお話していきます。

刺激伝導系とは?

 

出典:こころとからだの元気プラザ

 

 

図は患者さんに正面から向かって見た格好になります。

心臓には電気が流れており、その流れのことを刺激伝導系といいます。

この刺激伝導系を知る上で大切な単語が2つあります。

まず1つは同結節!!

そしてもう1つが、真ん中辺りに位置する房室結節!!

 

心臓が動くときには電気が流れて動くことになりますが、

まず同結節から電気が出ます!それが房室結節に向かうわけですね!

あとは同結節から心房に流れて、心房がギュッと収縮するわけです。

 

そして、房室結節に向かった電気は、そこで少し時間をためて、寝室に電気を送ります。

つまり、同結節から電気が流れることで心房が収縮し、

房室結節から流れることで心室が収縮する。

そうやって順番に収縮しているわけですね!

これを波形にしたものが、心臓の図の下にある心電図波形になります。

波形の最初の山を「P波」というわけですが、これは心房の収縮を表しています。

心房に電気が流れている!ということですね。

そして「QRS波」心室の収縮を表しています。

 

「T波」というのは心室の興奮からの回復を表しています。

収縮していたのが元の状態に戻るということですね。

ここでは特に、Pで心房が収縮して、そのあとにQRSで心房が収縮する!

ということを押さえておきましょう!

刺激伝導系というのは、簡単にいうと

「心臓に電気が流れるんだよ!」ということですね!!

 

 

ここまでが心電図の利点、刺激伝導系についてのお話になります。

次回は肢誘導についてのお話をしていきますね!

 

 

 

 

せっかく苦労して看護師になったし、もっと自分の能力が活かせる職場に移りたいと考えいているあなた!

こちらの記事も一緒にご覧くださいね♫

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

看護師のための、純白な転職・暗黒の転職!踏み外さない選び方!
こんにちは、【急性バレンタイン】を運営するBridgeです。 あなたは看護学生時代、実習に国家試験の勉強とすごく頑張ってきましたよね? 夢を持って医療の世界に飛び込んで来た...

 

 

 

 

 

 

 

 

不規則な生活サイクルで出会はないが、結婚して幸せになりたいと感じているあなた!

こちらの記事もご覧くださいね^^

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【プロポーズ クリニック】医師と看護師に恋愛のきっかけはある?
こんにちは、【急性バレンタイン】を運営するBridgeです。 今日は看護師の視点から、恋愛について考えていきたいと思います。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました